予防接種

予防接種とは

予防接種

当クリニックは、予防接種としてインフルエンザ、風疹、子宮頸がんの各種ワクチン接種を行っています。上記以外のワクチン接種を希望される方は個別にお申し出ください。

インフルエンザワクチン

  • インフルエンザの予防対策には、手洗い、うがい、マスクの着用などいくつかありますが、その中でも有効とされているのがインフルエンザワクチンの接種です。なお同ワクチンをより効果的にするためには接種時期も重要です。
  • 日本ではインフルエンザは毎年12月~翌3月頃までに流行します。そしてインフルエンザワクチンを1回接種したことによる持続期間は約5ヵ月、接種後に効果が発揮するまでの期間が2週間かかるということを考えると、遅くとも11月中旬までに受けられるようにしてください。
  • なお妊婦さんや授乳期間中に接種をしても、母体や胎児(赤ちゃん)に何かしらの影響が出るということはありません。むしろ妊娠中は免疫力が落ちやすく、何らかの病気を罹患すると重症化しやすいという傾向があります。このようなことから同ワクチンの接種は推奨されています。
  • またインフルエンザワクチンは、13歳未満のお子さんには計2回の接種が必要で、13歳以上の方から1回の接種になります。2回受ける場合は、1回目の接種を終えた日から2~4週間の期間を空けて2回目を受けるようにしてください。

風疹ワクチン

  • 風疹を予防するために行うワクチンです。現在は麻疹(はしか)との混合ワクチンであるMRワクチンの接種が一般的です。そもそもMRワクチンは、小児の定期予防接種になっていて、1歳~2歳の間に1回、小学校就学前の1年間の間に1回の計2回の接種となっていますが、この接種回数になったのは1990年4月2日生まれ以降の方で、それ以前には1回もしくは1回も受けられていないという方もいます。そのため2回の接種を行っていないという方は接種されることをお勧めします。
  • そもそも風疹とは、風疹ウイルスに飛沫感染によって2~3週間の潜伏期間を経てから発症します。主な症状は発熱、発疹、首回りのリンパ節の腫れ(耳の後ろ側 等)などがみられるものの小児が発症した場合は3日程度で治まることから「三日ばしか」とも呼ばれますが、人によっては重篤な合併症(血小板減少性紫斑病、急性脳炎)を引き起こすこともあります。また、妊娠初期の女性が風疹を発症すると生まれてくる赤ちゃんに母子感染して、先天性風しん症候群(心臓病、白内障、難聴などの症状がみられる)に罹患して誕生することもあるので要注意です。
  • とくに気をつけなければならないのは先天性風しん症候群ですが、風疹ワクチン(MRワクチン)は、妊娠中に接種することはできません。そのため、妊娠を希望される女性で、同ワクチンを2回接種したことがないという方はあらかじめ接種をしておく必要があるほか、妊娠予定の女性と同居される方も同様に受けられるようにしてください。ちなみに同ワクチンをすでに2回接種していた、これまで風疹に罹患していたといった方が受けたとしても何か問題があったということはありません。

子宮頸がんワクチン(HPV)

  • 子宮頸がん(HPV:ヒトパピローマウイルス)ワクチンも小児の定期接種のひとつに数えられ、小学校6年生~高校1年(女子限定)の間に計3回の接種が推奨されています。
  • 江東区では、この定期接種を推奨年齢の期間に東京23区内の協力医療機関で受けることができれば無料となりますが、現在は同ワクチン接種後、慢性疼痛や関節痛など多様な症状がみられたという報告があるなどしたことから積極的な推奨はされていません。ちなみに接種後にみられたとされる症状と子宮頸がんワクチンの因果関係は、まだわかっていません。
  • ただ、子宮頸がんワクチンを接種した場合としなかった場合とでは、接種を受けた方が明らかに子宮頸がんを発症するリスクは低減することは確かです。したがって受けることによるメリット、デメリットをしっかり理解したうえで接種されるようにしてください。
  • なお子宮頸がんワクチンは、接種する際に2つのワクチン(2価HPVワクチンと4価HPVワクチン)のどちらかを選択して受ける必要があります。どちらも子宮頸がん発症原因の50~70%を占めるとされる16型と18型のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防する効果があるわけですが、4価HPVワクチンでは6型(尖圭コンジローマの主な原因)と11型のHPVも予防する効果があります。当クリニックではどちらのワクチンも接種することができます。
  • 先にも述べましたが、接種回数は両ワクチンとも計3回の接種となります。なお1回目に2価HPVワクチンを接種した場合は、3回目まで2価を接種し続けてください(4価HPVワクチンも同様です)。

江東区の「HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)予防接種」は→こちら

院長
松本 より子
診療内容
一般婦人科、妊婦健診、婦人科がん検診、更年期外来、予防接種、緊急避妊、4Dエコー、ブライダルチェック、産後ケア、女性内科、区民健診
最寄駅
大江戸線・東西線 門前仲町駅 徒歩1分
診療時間
9:30~14:00
15:00~18:00
  • 休診日・・・水曜、日曜・祝日
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. お電話・お問い合わせ03-3642-8888
  2. WEB予約