更年期外来

更年期外来とは

更年期外来
  • 更年期とは、日本人女性の多くが閉経を迎えるとされる50歳前後(45~55歳、平均的な閉経年齢は50.5歳)の世代のことを言います。当外来は主に更年期障害の患者さまを対象としています。
  • 大半の女性は30代後半あたりからエストロゲン(卵胞ホルモン、女性ホルモンの一種)がだんだん減少していくのですが、更年期の世代になるとその量は急激に減少するようになります。その変化に体が対応できない状態になると心身に様々な症状がみられようになるのですが、その程度というのは人によって様々で、全く感じないという方もいる一方で、症状が強く出てしまうことで日常生活に影響が出てしまう方もいます。後者のケースを更年期障害と言います。
  • この更年期障害は、心身共に様々な症状が見受けられるようになります。具体的には、月経異常、性交痛、頭痛、めまい、イライラ感、ほてり、のぼせ、動悸、息切れ、肩こり、腰痛、しびれ、吐き気、便秘、下痢、ドライアイ、のどの渇き、不眠など、実に幅広いことから、例えよく似た別の病気に罹患していたとしても、本人も周囲も更年期障害でよくみられる特有な症状として見過ごしてしまうことも少なくありません。
  • そのため、更年期の世代の方で原因がはっきりしない体調不良があるという場合は、一度更年期外来を受診し、検査を受けるなどして、しっかり特定するようにしてください。そして更年期障害、もしくは別の病気であったということがはっきりしたら、原因となっている症状や病気の治療を早めに受けるようにしてください。

更年期障害でよくみられる症状

体の症状

頭痛、めまい、ほてり・のぼせ、動悸、寝汗・発汗、むくみ、月経異常、尿失禁、性交痛、喉の渇き、ドライアイ、関節痛、しびれ、冷え、肩こり・腰痛、吐き気、下痢・便秘、胃もたれ、胸やけ など

心の症状

イライラ感、不眠、不安感、うつ、意欲の低下、もの忘れ など

検査について

患者さまの訴えや症状などから更年期障害が疑われる場合、問診、血液検査(血液中のホルモン濃度を調べる)、心理検査(心理状態の異常の有無を調べる)などを行うことで診断をつけていきます。

治療について

治療に関しては主に薬物療法となりますが、患者さまのみられている症状によって違ってきます。自律神経失調症状がみられている場合は、エストロゲンなどを投与するホルモン補充療法(HRT)となります。また精神症状が強く出ている場合は向精神薬(抗うつ薬、抗不安薬 など)が用いられます。このほか、更年期障害の症状が長引いている、ホルモン補充療法が困難という場合は、漢方薬を使用することもあります。また、非薬物療法として、カウンセリングや生活習慣を改善するといったことも併せて行うようにします。

院長
松本 より子
診療内容
一般婦人科、妊婦健診、婦人科がん検診、更年期外来、予防接種、緊急避妊、4Dエコー、ブライダルチェック、産後ケア、女性内科、区民健診
最寄駅
大江戸線・東西線 門前仲町駅 徒歩1分
診療時間
9:30~13:00
14:30~18:00
  • 休診日・・・水曜、日曜・祝日
  • 諸事情により、しばらくの間、日曜日の診療は休診とさせていただきます。
  • 月曜AMの診療は2021年4月より開始
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. お電話・お問い合わせ03-3642-8888
  2. WEB予約